So-net無料ブログ作成

ベジスープ、何でも入れていいわけじゃない。作るポイントは? [料理]

2017-01-29 18.09.42.jpg


クズ野菜が有効活用できる



こんばんは。

料理ネタはかなり久々となります。
料理自体は嫌いではなく
ほどほどにやります。

得意なのは簡単なお好み焼き。
次回のネタはそれでいこうかと。


まあやっていたら
手もケガするわけで
これまでに完治まで1週間以上かかるのを
3回ほど。

キャベツが1回、玉ねぎ2回。


以下の野菜のカットには気をつけましょう。

玉ねぎ


ヌルヌルした薄皮?(透明なやつ)が
ありますがあれを取らないで切ると
ざっくり逝きますので。

でも切ったときはこれ使えば大丈夫。


それは・・・・



キズパワーパッド!!
BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド 指用(指巻用4枚、指関節用2枚) 6枚 管理医療機器



大きさはいろいろあるので
取り揃えておくのはいいかも、
単価は高いけど。

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド 大きめサイズ 12枚入り 管理医療機器

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド ジャンボサイズ 3枚 管理医療機器


かなり効きますね。




雑談はこれくらいにして
ベジスープの方に。
スポンサードリンク





見た目はあまり良くない



2017-01-29 18.09.42.jpg


トップ絵と同じだけど
実際に作ったやつ。

何入れたか書いたメモあったんだけど
紛失したみたい。


うろ覚えだけどかんたんに。

・玉ねぎの皮
・ニンジンの根元?
・ピーマンのヘタ
・しめじの軸
・しょうが
・リンゴの芯
・キャベツ

だったかと。


で肝心の味はというと
めっちゃフルーティーな感じ。


まあ失敗ですわ。



作る際のポイントは?



野菜の皮の下に栄養が多いと言いますね。

なので
リンゴも人参もジャガイモも
特段汚くない場合は付けたまま調理しています。

リンゴは皮無いと食えない、、、
あのシャリシャリしたのが嫌い。

まあリンゴは風邪薬みたいなものなので。

風邪ひきがちな人は絶対食べた方がいいです。



ベジスープには
普段捨ててしまいがちなところを
使います。



調理については
フランス料理?のブイヨンみたいなのを
イメージしよう。



作る際のポイントとしては
においが強い野菜は使う
分量を考えた方がいい。


この際の分量とは
使う野菜の割合。


私が失敗した原因として
リンゴを入れ過ぎたこと。

確か2個分の軸を入れた。

たぶん1個もいらないと思う。


あとピーマン。
これもにおいが強めなので
少なめにした方がいいかと。



果物系を入れることによって
フルーティーなスープになるので
好きな人はどうぞ。



失敗したとは言っても
単体で飲まなければそんなに気づかないと思う。


塩コショウや
顆粒コンソメなどで味を調えてから
カレーの出汁に使うといいのではないでしょうか。




一人暮らしとかだと
クズ野菜が出るほど1回で作ることは
ほぼないと思うので
冷凍してもいいかと思う。



まあ何でも一度やってみることを
おススメします。




それでは。


スポンサードリンク




タグ:料理
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました